外壁塗装の体験談をご紹介します

私の知り合いの人の話です。そのお宅は、築15年程の一戸建てでした。
ある日、外壁塗装の業者の人が家を訪ねてきて「家を大切に守りませんか」とセールスをされたそうです。
知人にとって、家は大きな買い物ですし、長持ちさせたいという思いがありました。また、息子さんか娘さんのどちらかに、最終的には引き渡したいお気持ちももっていました。
そのような考えの持ち主だったので、そのセールスさんからの助言をきっかけに、次第に家の外壁塗装への意識をもったらしいのです。
でも、実際に外壁の塗り直しをするとなると、業者によって塗装の方法も仕上がりのお値段も違うという事をしっていた知り合いの人は、セールスにきたリフォーム会社には頼まず、自分でネットでリフォーム会社を探したそうです。
ネットでみつけたリフォーム会社からは、家を建ててから外壁塗装を直さないでいると、雨漏りや壁にしみをつくってしまう事があると教えてもらったそうです。半永久的なものではない木造家屋でも、お手入れ次第で長持ちはするものです。
親切丁寧に、外壁塗装の事や塗装の種類により耐久年数が違う等と言う事を、教えてもらい、この業者さんなら親切で丁寧な外壁のお仕事をしてもらえると考えた知り合いの人は、いくつかの業者さんの中から一番親切だった業者さん1社を選んだという事です。
さて、業者選定が済んで次は実際の工事です。
工事中は、手抜き工事がされていないか等と、何かとリフォームへの心配をするものです。
その知人は、器用貧乏とまで奥様に言われるこもあるほどで、ご自分の家の庭に趣味で鉄骨なども組む人です。
そんな方なので、契約時には、外壁塗装工事の見学をしたいと申し出たところ、納得できるまで見学してくださいと、快諾をもらっていました。
そしてその方は、出来上がりが心配な事もあり、またご主人がものごとに興味があることから、よく外壁工事を見せてもらったそうです。
最終的には外壁は満足のいく仕上がりとなったということでした。

大阪のまちの特長

大阪の繁華街と言えば、ミナミだと思います。ミナミは難波や心斎橋の事を指します。ミナミには、商店街がたくさんあったり、アメリカ村やクラブが密集していたり、海外からの観光客がたくさんいます。常に人混みができており、活気に満ち溢れているまちだと言えます。コテコテの大阪弁が飛び交い、歩いているだけで「大阪」を感じられる場所だと思います。ただ、人が多いことや深夜まで賑わっていることで、犯罪や事件が絶えないことも事実です。

 

大阪のビジネス街と言えば、本町だと思います。本町は大阪の中心地の1つである梅田にほど近いですが、梅田とは様子が全く違いスーツの方々がたくさん行き交っています。企業の本社も多いです。サラリーマンの街と言われるだけあって、飲み屋さんもたくさん軒を連ねています。平日は飲食店は賑わっていますが、土日は閑散としており、平日とは違う雰囲気となります。週末も空いているお店は、おしゃれなカフェやバルが多い印象です。

 

大阪の住宅街と言えば、北摂です。北摂とは、千里中央や緑地公園、豊中などの地域を指します。この地域は都心から離れすぎていないのに、ある程度の自然が残されており住みやすいまちと言われています。また、子育て支援が充実しており、子育て家庭にも人気となっています。この辺りの地域は人気なので、土地も高く、家を建てるのにはかなりの資金が必要だと言われており、憧れの地域だとも言われています。富裕層の方が多い地区もたくさんあります。

更新履歴